変わった雛人形

いつからでしょうか。雛人形を飾らなくなってしまったのは。
初孫、一人娘の私は、祖父母や両親から溺愛されて
育ったので、七段飾りの豪華なお雛様があります。
けれど、だからこそ、飾れなくなってしまったのよね。

それでも昔は、お内裏様とお雛様の二体だけでもと
飾っていたのですが、そのサイズが大きいのなんのって。

お雛様に愛情が込められていることを知っているので、
飾りたい気持ちは山々なのですけどね。

最近は、インテリアとして、自分で自分にお雛様を買う女性も
増えているのだそうです。

お雛様と一言でいっても、最近は昔ながらのお雛様と同じ位
一風変わった雛人形もたくさん揃っているのです。

気になって先日、百貨店に行ってみました。
変わった雛人形、たくさんいましたよ。

リカちゃん人形の雛人形、シルバニアファミリーの雛人形、
高さ6センチ程の小さな小さな雛人形、
キューピーちゃんの雛人形などなど。

今年は買うに至りませんでしたが、インテリアとして
変わった雛人形を飾る楽しみ、すごくわかる気がしました。
来年はうちのお店にも、一つや二つ、変わった雛人形を
置いてみようかなと思っています。

五月の節句も、ライダー系とか変わった兜が出回るのかな。
楽しみです。