家族のはなしです。

休日になるとお店には様々な家族がご来店下さいます。

そんな光景をみるたびに、家族のことを思い出します。

今日は私の家族のはなしからスタートです。

長野県松本市の大自然溢れる一戸建てにて、6人家族で育ったわたし。
両親、妹、祖父母。あ、番犬もいました。
近隣のお家も家族のような関係だったので、6人家族でありながら
とっても大家族だったような気がします。

家族みんながとても仲良しで、喧嘩という喧嘩は一度しか記憶になく、
それは私が東京で仕事をしたいと言ったときでした。

隣近所のみんなも集まって、何やら大会議になったことを覚えています。
今考えると面白すぎる光景です。

私以外のみんなは今でも長野で元気に暮らしています。

年末が近づくと、家族のことを思い出し、誰かに家族のはなしをしたくなります。
暑い夏にも、家族のことを思い出します。
とっても冷たくて美味しい天然の水を飲みたくなります。

母の日、父の日にも家族のことを思い出します。

こうして今私が、毎日ステキなお客様に出会え、こうして元気に
仕事に就いていられるのは、家族のおかげだなと改めて思います。

いつかこのお店が、ご来店して下さったお客様にとっての家族のような
温かい雰囲気を出せるように、これからもがんばりたいと思います。

以上、家族のはなし?でした。